トップナイフ第5話あらすじ|病気|ネタバレ|天海祐希

トップナイフ第5話あらすじ|病気|ネタバレ|天海祐希

(公式HPより)

  • 天海祐希・・・深山Dr
  • 椎名桔平・・・黒岩Dr
  • 広瀬アリス・・小机Dr
  • 永山絢斗・・・西郡Dr

第5話あらすじ|2症例ずつ登場する

  1. 難聴のピアニストの話
  2. 売れないピアニスト(大西 礼芳)が錯覚する話

難聴のピアニストの話の方がわかりやすくて面白いです。

大西礼芳(おおにし あやか)さんの目力のある演技に注目です。

第5話の病気

  1. 聴神経腫瘍
  2. 左前頭葉にナゾの腫瘍でサヴァン症候群

聴神経腫瘍は、海外ではめっちゃ小さいのでも手術しています。

日本では、手術することは少なく、様子見と放射線治療が増えてきています。

聴神経腫瘍

聴神経(耳の神経)に張り付いた腫瘍です。

耳が聞こえる神経と、顔を動かす神経が近いので、神経をいかに残すかが、ドラマ中で議論されています。

リアルですね。

本編中の聴神経腫瘍はバカでかい

会議(カンファレンス)で、みんなが注目する腫瘍です。

素人目に見ても、バカでかいのがわかりますね!

西郡Drは年間 18例の聴神経腫瘍の手術

こんなに若くてイケメンな先生なのに、すごいなーって思いますよね。

そもそも、18例って多いんでしょうか?

脳みその手術って一生に1回しかないですよね。

一生に1回と言えば、昔で言えば、"マイホームを買う" ことって一生に1回だとしますよね。

一生に1回の決断を1年間に18回させてるってすごくないですか?

不動産の営業のお兄さんが、1年間に18件の新築を売っていたら、すごいですよね!!

MEMO
  • 一生に1回の決断を、年間18回もさせているのは、控え目に言ってスゴイ

"聴神経腫瘍" "名医" でGoogle検索してみた

  • 河野 道宏 先生(東京)
  • 澤村 豊 先生(北海道)
  • 福島 孝徳 先生(アメリカ)

テレビでも有名な先生ばかりですね。

一生に1回の一発勝負なら、上手な先生にやって頂きたいものです。

まとめ

  • 第4話は監修がオタクでした(主観)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です