自由診療で集患をしよう【インフル・プラセンタ・白玉点滴・ビタミン点滴】

自由な集患【プラセンタ・白玉点滴・ビタミン点滴】

自由診療は "収益の上がる広告費" と考えましょう。

自由診療の目的は2つだけ

  • 患者さん1人あたりの単価を上げる目的
  • 集患の目的

自由診療を行う目的は、2つだけです。

客単価を上げるか、集患のためか、どちらかしかないのです。

自由診療=自費診療
  • 自由診療と自費診療は、同じ意味です
  • 保険診療とは異なり、すべての料金を患者さんがすべて支払います

目的次第で自費診療の料金設定が変わる

  • 単価を上げる目的なら、高めに設定
  • 集患の目的なら、安めに設定

高めに設定する場合は、普通の保険診療よりも高め、という意味です。

高額な場合は、地域でそのクリニックしかできない治療、など、それなりの納得感のいく理由が必要です。

逆にやりやすいのは、安めにやることです。

値段設定は、地域で1番安い値段にするだけで集患効果は絶大です。

自費診療のお薦めのスタイルは、"とにかく最安値でやる"

  • 簡単な自費診療を、地域の最安値でやるだけで、パンパンに集患できます

簡単なのは、ビタミン点滴、ダイエット点滴、プラセンタ、などを地域最安値でやることです。

"医者であれば誰でもできる" というカンタンな診療を、めちゃ安くやることです。

  • どの医者でもできる簡単な自由診療を、めっちゃ安く、たくさんやるのが勝ち組ルート

最安値でひっそりとやっていてもクチコミで患者さんがうじゃうじゃ来ます。

SNSを組み合わせると、スタッフが回らないくらい来ます。

その場合は、患者さんは待つことになりますが、待てる環境を整えておけば無理なく回ります。

安い自由診療は収益の上がる広告費
  • 地域最安値だと、それだけでクリニックの広告になります
  • 地域最安値と言えども、原価を割らなければ少し収益も上がります
  • 看板広告やネット広告と違い、広告なのにそれ自体でちょっとだけ儲かります

最安値の自由診療は、最高の広告

  • 原価さえ割らなければ、少し儲けも出ます
  • いつでも止めれる、ノーリスクの広告です

安い自由診療をするとき、待合の無料WiFiは必須

  • 待合に無料WiFiがあるだけで、快適さが違います
  • 混んでいても患者さんが離れません

安いお店は人気で混みます。

でも、空調が適温で、イスに座れて、無料WiFiがあれば、患者さんは離れません。

1時間弱くらいは平気で待てます。

1時間弱は快適に待てる工夫
  • 空調が適温
  • イスに座れる
  • 無料WiFi

待合で座れない人が出てきたら?

  • "自由診療の料金を上げる時が来た" と割り切りましょう

待合でイスに座れない人がいるくらいまで混んできたら、もう飽和しています。

離れていく患者さんも出てきますので、料金を上げて、単価を上げる手法に切り替えていきましょう。

単価を上げる時は、"消費税の増税に伴い" というおなじみのフレーズをつけると刺激が少ないです。

外待合いの最適な座席数は?
  • 20席あれば十分です
  • 大きいクリニックでは30席あります
  • 40席までは不要です

自由診療の値段設定の目安

  • 都会では高めに設定
  • 郊外・田舎では激安に設定

  • 都会のお金持ちからは、負担少なめで高額の資金移動が可能

  • 預金の少ない田舎では、少しずつの浮いた資金を移動させてきても、本当に少額にしかなりません

都会では、かなり高額でも患者さんは来ます。

【クリニック立地2019】都市部で開業するべき最大の理由

インフルワクチン

  • 都会は3500円
  • 田舎は2500円

 

ビタミン点滴・白玉点滴

  • 都会は5000~10000円
  • 田舎は1500~2500円

 

プラセンタ

  • 都会は2500~3000円
  • 田舎は500~1000円

自費診療の落とし穴は "賠償責任"

  • 合併症(患者さんの不利益)の時、賠償責任保険が適応されるか確認しておく
  • だいたいの医師賠償責任保険は、自由診療にも適応される事が多い

医師賠償責任保険は、どこの範囲まで適応かを確認しておきましょう。

また、点滴、美容診療、ドック、などで看護師や放射線技師、その他コメディカルが自由診療に関わる場合は、それぞれの職種用の保険に加入しておきましょう。

MEMO
  • 賠償責任保険は、それぞれの職種ごとに加入する必要あり
警告
  • 自費診療を始める前に、賠償保険だけ確認しておきましょう

まとめ

  • 自由診療はノーリスクの広告
  • 単価を上げるか、患者数を増やすか、目的を考えて値段設定をする

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です