トップナイフ第3話あらすじ|病気|ネタバレ

トップナイフ第3話あらすじ|病気|ネタバレ

(公式HPより)

  • 天海祐希・・・深山Dr
  • 椎名桔平・・・黒岩Dr
  • 広瀬アリス・・小机Dr

第3話あらすじ

  1. 深山Dr(天海祐希)と黒岩Dr(椎名桔平)が、コタール症候群を見抜く
  2. 小机Dr(広瀬アリス)が外国語様アクセント症候群の症例に悩む

ドラマ全体の流れが変わるような大きなイベントはありません。

第3話はちょっと退屈です。

第3話の病気

  • コタール症候群
  • 外国語様アクセント症候群

いずれも全く見ないような病気です。

医療風景の描写と実際の違和感

  1. マイクロハサミを大胆に落としてしまう
  2. 「脳神経外科の周術期管理のすべて」
  3. 「NS now」シリーズ

マイクロハサミを落としてしまう

マイクロハサミって普通の外科用ハサミと違ってとても高価です。

1本10万円、高い物で20万円するものもあります。

ちょっと落とすだけで刃先が壊れてしまうので、ドラマの場面では、きっとすごい怒られる事をしています。

"脳神経外科の周術期管理のすべて"
"NS now シリーズ"

どちらも有名タイトルの本です。

市中病院でも、医局の脳神経外科を専攻している後期レジデントの机には大体置いてあるように思います。

"~ now" のシリーズは外科系なら大体あります。

メジカルビュー社のNOWシリーズ

  • 外科   →DS NOW
  • 整形外科 →OS NOW
  • 脳外科  →NS NOW
  • 産婦人科 →OGS NOW
  • 眼科   →ES NOW

まとめ

  • 第3話はイマイチでした(主観)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です