トップナイフ第4話あらすじ|病気|ネタバレ|天海祐希

トップナイフ第4話あらすじ|病気|ネタバレ|天海祐希

(公式HPより)

  • 天海祐希・・・深山Dr
  • 椎名桔平・・・黒岩Dr
  • 広瀬アリス・・小机Dr
  • 永山絢斗・・・西郡Dr

第4話あらすじ

  1. 逆行性健忘と前行性健忘の患者さんの話
  2. 西郡Dr(永山絢斗)の母(伝説の心臓外科医)の脳腫瘍を黒岩Dr(椎名桔平)が手術する

伝説の女医(心臓外科医)の難しい脳腫瘍を、トップナイフの黒岩Drが手術します。

難しめの内容です。

第4話の病気

  1. 逆行性健忘
  2. 前向性健忘
  3. 海綿状脈洞の脳腫瘍(髄膜腫)

逆行性健忘と前向性健忘

 

逆行性健忘は、交通事故後でよく見ますね。

前向性健忘は、いるにはいますが、認知症みたいな感じで来ます。

若くて頭の中に何かあると、「認知症じゃなくて前向性健忘なのかなー?」って感じです。

海綿静脈洞の腫瘍

頭の真ん中にある血だまりです。

血だまりの中にある腫瘍なので、当然、手術が難しく、血だらけになります。

心臓を一瞬止めて手術をする

  • 心臓が数秒間だけ止まる薬をピュっと打ちます
  • 心臓が止まっている間は出血が少なくなります
  • 心臓を止めている間にサササササっと手術してしまいます

麻酔の先生が何か打ってましたよね。

アデホスって書いてあります。

心臓を止める薬なんですよね。

自分用の道具を持っている先生はカッコイイ

  • 黒岩Drの黒岩セットが登場しました
  • プロっぽいですよね!

自分用の道具をそろえていると職人っぽいですよね。

ボウリング選手の "マイボール" みたいなやつですね。

外科医はお金持ち?

哀しいお知らせですが、日本のお医者さんは、勤務医である以上、年収1,000万~2,000万円くらいです。

何人手術しても定額です。

モチベーションを保つ方も難しいです。

アメリカ・シンガポールの医師は高額報酬

例えば、シンガポールでは、心臓のカテーテル手術をすると、手術した先生に1件 300万円が入ります。

しかも税金が安いです。

まとめ

  • 第4話は監修がオタクでした(主観)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です