LINE公式アカウントを始めよう|集患|初心者|テクノロジーx医療

結論:LINE公式アカウントは企業の情報発信の基本ツールになる

新型コロナウィルスの流行で、テクノロジーをどんどん利用する時代。

 

経営に少し時間ができた時に、LINE公式アカウントで業界の情報を発信するべきです。

 

どの企業も、BtoCビジネスでれば、

LINE公式アカウントが、情報発信の基本ツールになっていきます。

 

情報を発信する事で真のかかりつけに
  • 医学的に正しい内容はどんどん発信しよう
  • 地域の健康意識も高まります

 

LINE公式アカウントの始め方

これだけで発信できます。

無料で1000通のメールが送信できます

 

 

LINE for Business の内容

  1. LINE 公式アカウント
  2. LINE広告
  3. LINEリサーチ ライトコース

LINE公式アカウント

これを使っていきます。

昔の「LINE@」というのがコレです。

メーリングリストのLINE版です。

 

LINE広告

クリニックでは使いません。広告ツールです。

 

LINEリサーチ ライトコース

クリニックでは使いません。アンケートツールです。

 

 

2020年からLINE@は消失

  • (旧)LINE@
  • (新)LINE公式アカウント

 

LINE公式アカウントのプラン

フリー ベーシック プロ
月額 無料 5500円
(税別)
22000円
(税別)
配信数 1000通まで 5000人まで 10万人まで

 

クリニックでも、工夫すると、

すぐに1000人くらいの登録者数になります

 

登録者数が増えたら、

速やかにベーシックプランへ移行します。

 

当院はベーシックプランです。

 

当院は、新しい医療をどんどん地域に提供していくため、

情報発信ツールが不可欠でした。

 

LINEをやっていない日本人は少ないため、

LINE公式アカウントは、情報発信ツールとして、最適です

 

ツイッターでもLINE公式アカウントの話題

他のクリニックの先生も、

LINE公式アカウントはとても好感触のようです。

https://twitter.com/nappyritton/status/1250296477282267136

 

 

強いものが正義

  • 医療ビジネスは、実はやったもん勝ちです

 

医療機関はどこも保守的

LINEなどの奇抜な事をやりだすと、

 

  • あそこはお金儲けに走って・・・

 

  • 医療レベルも信用できない

 

などの風評が立つかもしれません。

 

批判するのは、

やってない人・できない人ばかりです。

 

医療機関の人間は保守的な人が多いのです。

 

お医者さんは知識と経験を発信したい欲求がある

 

これからは、どのクリニックも

情報発信ツールを使って、

健康情報をお伝えする時代が来ます。

 

医者は、そもそも、無報酬で論文を書く人種です。

 

自分の知識と経験を発信したい人種なのです。

 

情報発信の欲求は、他の職種よりも強いです。

 

LINE発信は基本になる

 

数年したら、クリニックLINEは

基本スペックになっています。

 

その時、批判していた先生たちも

自分が批判していた事は忘れて、

どんどんLINEをやり出します

 

なので、

新しい事を始める時の批判的な声は

無視してOKです。

 

医師会の重鎮と仲良くするな
  • 医師会の重鎮は、つぶクリの経営者が多いです
  • つぶクリの意見はちょっと受け入れがたいと思います
MEMO
  • つぶクリ=つぶれそうなクリニック

 

「令和時代の問題解決能力」は、「伝統的なやり方をすること」な訳がない

 

令和時代は、問題解決能力を磨く事が、

企業を成長させ、個人も生き抜く事がにつながります。

 

医療機関の発信している情報は少なすぎます

 

医療機関の情報が少ない事は、

地域住民にとってマイナスです。

 

医療広告のガイドラインを遵守しつつ、

どんどん広告していきましょう。

 

他の業界のノウハウを取り入れろ

 

医療業界は、何事も慎重な動きです。

 

特にテクノロジーを取り入れる事には、

腰が重いです。

 

他の業界がやっているトレンドを取り入れると、

びっくりするくらい爆益クリニックに成長していると思います。

 

開院して、すぐロケットスタートというのは、

本当に難しいです。

 

でも、

  • 令和時代の問題解決能力

をキチンと学んで、

ゆっくりでも、一歩一歩確実に成長できれば、

 

必ず、地域No1クリニックになれると思います

MEMO
  • 大切なのは「令和時代の問題解決能力」

 

 

医師免許ビジネスが流行ります

医師免許ビジネスのノウハウ&アイデア
(勤務医からビジネス経営者になりたい方へ)

これからの開業のカタチ
医師免許の活用法

参考 医師免許ビジネスのノウハウ&アイデアごま氏 note

クリニック経営者・事務長・コンサル向け

クリニック収益化ノウハウ
(基本編)

ひとつのアイデアに特化した本です

  • このビジネスモデルだけでも一生食べていけると思います

開業医になりたい方はこちらの記事もどうぞ

開業医になるという事は、ウソをつき続けるということ【ワンパターン】

 

まとめ

  • LINE公式アカウントを使いこなそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です