大きい手術をする外科は儲からない【金持ち外科医・貧乏外科医】

大きい手術をやる外科は儲からない話

心臓や脳の大きい手術ってカッコいいですよね。

(手術を受ける側はタイヘンなことですが・・・)

心臓外科医、脳外科医は、とても儲かるイメージがあるかもしれませんが。

日本においては "最も収益化しにくい科" なのです。

開業するなら儲からない外科での修行は避けよう!

  • 開業する目的なら、お腹の外科、ましてや心臓外科医の経験は役に立ちません

開業する場合、大きな手術はできなくなります。

せっかく長年かけて体得した技術がムダになります。

開業に不利な外科

  • 心臓外科
  • 外科
  • 手の外科

開業に有利な外科

  • 整形外科
  • 形成外科
  • 眼科
  • 脳外科

診察だけの科は儲からない

  • 外来だけでは単価が安くて儲かりません
  • クリニックで爆益を上げるには、やはり手術が必要です

外来がどれだけ来ても、単価が安いので儲かりません。

爆益を上げるには、単価の高い "キャッシュエンジン" が必要なのです。

キャッシュエンジンとは?
  • "お金を生み出す仕組み" の事です
  • 経営者界隈のパワーワードです

爆益を上げるには高単価の治療をしよう!

高単価の治療はたった1つ

  1. 外来の手術

外科系で開業する時に、爆益を上げるキャッシュエンジンは、手術以外ないのです。

たった1つの手術で良いのです。

それを見つけられるかが、外科系勤務医の課題です。

MEMO
  • 開業したい外科系の先生は、たった1つの外来マイナー手術を体得するために勤務医をしている
開業したいなら外科系はそこそこで辞めよう
  • キャッシュエンジン手術を1つ覚えたら、もう退職で良いです
  • なかなか辞めづらい場合は、本業以外の収益源を得ると、気持ち的に辞めやすいです

オススメの外来手術
(保険点数と所要時間)

  1. 痔の手術  6,520点  1時間
  2. ポリペク  7,000点  1時間
  3. 足の静脈瘤 14,360点  30分

保険点数x10円が、実際に病院に入ってくる収益です。

高単価の手術をするためには、丸1日消費すると思われがちですが、実は昼休憩中でも実施できる手術も多いです。

その中で、下肢静脈瘤(足のボコボコ)をキレイにする手術の保険点数は別格です。

所要時間も短く、コスパ最強のクリニック保険診療と言えるでしょう。

(保険点数)x10円 が収益
  • 痔の手術なら、65200円が病院に入ってくる収益です
  • 足の静脈瘤なら、143600円が病院に入ってきます

内科外来の場合、1日30万~40万

  • 診察のみでは、60人くらいの患者さんを診察しても30万~40万にしかならない

"手術なんてリスクがあることはできない!" と思う方も多いでしょう。

じゃあ、診察で大きく収益化しよう!と思っても、ハッキリ言って無理です。

診察のみでは、いっぱい診察しても、少ししか稼げません。

そもそも、毎日大量の患者さんを20年間診察する事ができますか?

体力的にも50歳、60歳になったら1日60人~120人はしんどいですし。

後発のクリニックも出現すると、20年間も大量患者さんを維持し続けるのは、そもそも無理かもしれません

であれば、高単価で少数の治療で爆益が上がるように、後期レジデント時代から準備しておくのが、賢い投資です。

外科医の賢い自己投資とは・・
  • たった1つの爆益マイナー手術を体得するために後期レジデント時代をがんばる

静脈瘤は地味で穴場

  • "静脈瘤が儲かる!" って言っても、ピンとこない先生は多い

派手であからさまに儲かってるわかりやすい治療は、みんな誰でもやります。

だからこそ、静脈瘤は儲かるのかもしれません。

静脈瘤手術の中でも最も儲かるのは、"静脈瘤のカテーテル手術" です。

保険点数はまだしばらくは下がらなさそうです。

田舎の静脈瘤はブルーオーシャン
  • ヒント1: "田舎の高齢者" は、"足のむくみ" をとても気にしています
  • ヒント2: "田舎の高齢者" は、リテラシーが高くなく、かつ1割負担です

今回のタイトルの元ネタです

  • "金持ち父さん、貧乏父さん"
  • 有名過ぎますが、読んでない方はぜひ一度読んでみてください
  • 人生観と優先順位が変わりました
お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー、待望の改訂版。最初に読むべき「お金」の基本図書

"金持ち父さん・貧乏父さん" の続編

  • "金持ち父さん、貧乏父さん" の続編が出てます
  • 現代にマッチした内容です
15年位前にベストセラーとなった「金持ち父さん・貧乏父さん」は、不動産や会社の立ち上げなど、一般人にはマネをしにくい手法ばかりが紹介されていました。現代の2019年では、金持ち父さんのノウハウを少し工夫することで、もっと賢く、もっとリスクの少ない資産形成が可能になっています。この本では、そんな現代版「金持ち父さん」への道筋をご案内します。

開業医になりたい方はこちらの記事もどうぞ

開業医になるという事は、ウソをつき続けるということ【ワンパターン】

 

まとめ

  • 外科、心臓外科は開業しても収益化が難しい
  • 大きな手術に憧れるなら、開業しない前提で人生を選択しよう
  • 下肢静脈瘤はチート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です