令和時代の勝ち組クリニックの作り方【開業医】【ビジネスモデル】

クリニックのビジネスモデルは4タイプに分けられる

令和時代の開業医のビジネスモデルは、選択肢が広いです。

クリニックの4つクワドラント

  • クリニックは、自然に以下の4タイプに分かれます
  • 今は、②を目指すのが最善です
    (あわよくば①へ行けます)
  • 昔のクリニックは、ほとんど③です

ビジネスモデルを当てはめると

① 爆益+休み多め

①はみんなが目指す理想形です。

①になるのは難しく、相当戦略を練る必要があります。

開業1年未満でいきなり、①になるには、次のどちらかです。

  • 美容・自費クリニック
  • 高単価の手術をやるクリニック

時間をかければ普通の保険診療で外来のみのクリニック(内科・小児科など)でも成れます。

その場合、成れるとしたら、②から①のパターンです。

③からは①は、実はなかなか成れません。

③は事業展開する時間がない!
  • 借り入れ額が大きいと、爆益は上がりますが、人生の勝ち組である①にはなりにくい

② 少益+休み多め

②は、可能性を感じさせるパターンです。

今後、爆益を上げるかもしれません。

休みさえあれば、自分が院長として勤務しながら、副業または事業展開の時間を使えます。

他のドクターに、自院を任せる交渉をするだけの時間も作れます。

その間に自分がさらなる収益源を作る勉強もできます。

しかし、②になるには、"借り入れを最小限にする" という鉄則があります。

②になるには、借入が多いとムリ!
  • 借り入れが多い時点で、せいぜい③です
  • 借り入れが多いと、休診日を多く設定できません

③ 爆益+休み少なめ

昔の開業医と言えば③です。

ほぼ勤務医みたいな忙しい生活のパターンです。

借金が多い分、健康でいなければいけないというプレッシャーが強く、逆にメンタルが参る時が来るかもしれません。

儲かって儲かって仕方ない分、休みが少なく、奴隷のような生活で、"誰のために働いているのだろう?" とギモンを持つとツラいでしょう。

趣味が無ければ③は許容
  • 地域のために貢献したい!と思う立派な先生は、ぜひ③を選択してほしいものです
多額の借金をすると、③か④になる
  • 重装備開業は、良くて③、サイアク④です
  • 借り入れは、1.5億までに留めましょう

④ 少益+休み少なめ

サイアクのパターンが④です。

いわゆる "つぶクリ(=潰れそうなクリニック)" です。

借り入れが極少であれば、ワンチャン④から②に移行できる可能性があります。

④になった理由が、"集患ができていない" だけだったり、"クリニックの立ち上がり時期" であるなら救いようがあります。

休みが少ないクリニックになってしまうたった1つの理由
  • 借り入れが多いと休みが少なくなります

あなたの希望はどれなの?

  1. 休みが多くて、爆益も上げたい
  2. 休み少なめでも爆益を上げたい
  3. 爆益を上げて早々にリタイアしたい
  4. 収益そこそこでも休みが多い方がいい

休み多くて爆益あげたい? 道は3つのみ

休みが少なめでも爆益を上げたいなら、美容(自費診療)・高単価の手術、の3つしか道はありません。

あるいは、分院展開するしかありません。

  • 美容・自費診療
  • 高単価の手術
  • 分院展開

どれもハードルが超高いです(特に分院展開)。

休みが少なくても爆益が上がればいい?

昔の開業医の考え方です。

今は、医業ばかりやっていると、突然のビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。

チャンスを逃すリスクが高いのに加え、爆益を上げるための設備投資の借入リスクも上がります。

現代では、あまりオススメできません。

爆益を上げて早々にFIRE(リタイア)?

早々にリタイアしたいなら、もはや開業医を選択する必要はありません。

勤務医(またはフリーランス・ドロッポ医)で十分です。

その代わり、投資またはその他の副業を学習しないといけません。

開業して早々にFIRE(リタイア)なら、ひたすら借り入れを少なくしてコストカットしていくべきです。

クワドラント②から①のパターンを狙っていきましょう。

収益そこそこで休みが多い方が良い?

勤務医時代にはなかったご褒美、それが "自由" です。

開業すると休みは取りたい放題ですが、開業してそんな余裕のある開業医はいません。

休診にすれば、総患者数が減る(患者が離れる)かもしれませんし、怖くてうかうか休診にできません。

でも、おじいちゃん先生たちは "学会に行きます" とか言ってちゃっかり長く休んでいますよね。

あれは金銭的な余裕があるからなんです。

つまり、借金が少ないから、休めるんです。

逆に借金が多いと、それだけで全く休めなくなるんです。

1.5億以上の借金は詰みます
  • ③④しばりになるハードモードの人生を送る事になります

③から①②には行けない!

  • 時間がない人は、もう時間を作れません

どのビジネスモデルが良いかはそれぞれの価値観

  • 普通のセンスなら、①か②にいきましょう
  • 令和は②がオススメです
  • ③は今の時代に合いません

令和時代は、情報革命が起こっています。

どんなビジネスチャンスが起こってくるかわかりません。

何百年に1度かのチャンスがたくさん転がっています。

少なくとも平成元年から平成20年くらいまではチャンスってありませんでしたし、社会全体に閉塞感、行き詰った感、変わらない社会構造がありました。

今がチャンスです。

そのチャンスを逃さないように、、時間だけは味方につけましょう。

今回の元ネタです

  • "金持ち父さん、貧乏父さん"
  • 有名過ぎますが、読んでない方はぜひ一度読んでみてください
  • 人生観と優先順位が変わりました
お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー、待望の改訂版。最初に読むべき「お金」の基本図書

"金持ち父さん・貧乏父さん" の続編

  • "金持ち父さん、貧乏父さん" の続編が出てます
  • 現代にマッチした内容です
15年位前にベストセラーとなった「金持ち父さん・貧乏父さん」は、不動産や会社の立ち上げなど、一般人にはマネをしにくい手法ばかりが紹介されていました。現代の2019年では、金持ち父さんのノウハウを少し工夫することで、もっと賢く、もっとリスクの少ない資産形成が可能になっています。この本では、そんな現代版「金持ち父さん」への道筋をご案内します。

金持ち外科医と貧乏外科医(好評でした)

大きい手術をする外科は儲からない【金持ち外科医・貧乏外科医】

その他、ノウハウを適宜、有料Brainに記載していきます

  • 適宜、有料Brain market の方に追加記載していきます
  • 経営難のクリニックであっても、アイデアを提供して、何とか立て直したいです!

汎用性の高い自分のノウハウを全国どこでも利用してほしいです。

クリニック経営者・事務長・コンサル向け

クリニック収益化ノウハウ(基本編)

ひとつのアイデアに特化した本です

  • このビジネスモデルだけでも一生食べていけると思います

開業医を目指す方はこちらもどうぞ

開業医になるという事は、ウソをつき続けるということ【ワンパターン】

まとめ

  • 借り入れを少なくして、自分の時間を確保しよう
  • 令和時代はチャンスがゴロゴロ転がっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です